お問い合せ会社概要
トップページ 全製品一覧 PDFカタログ カタログ請求 FAQ ネット販売

 デジタル土壌硬度計  <詳細資料PDF> 


デジタル式土壌硬度計とGISソフトを開発 [特許第4417422号]

GPS機能内蔵で測定位置情報を同時記録

専用のGISソフトで測定データと関連情報を一元管理

<詳細資料PDF>

現場で簡単に土壌硬度が計測できるデジタルタイプの土壌硬度計DIK-5531
DIK-5556の2機種と、専用のGISソフトウエアを開発、10月1日から販売を開始しました。

ハンディタイプの土壌硬度計(DIK-5556)       貫入タイプの土壌硬度計(DIK-5531)
DIK-5556 デジタル土壌硬度計          デジタル貫入式土壌硬度計

今回販売を開始する製品は、従来のアナログ測定器のデザインと機能を一新
した土壌硬度計で、現場で簡単に土壌硬度測定ができ、測定データを最大2200
データ記録・保存することができます。また、GPS*1レシーバーが操作部に内蔵
してあり、測定地点の位置情報と測定した日時も土壌硬度データと同時に記録・
保存することができます。さらに、専用のGIS*2ソフトウエアを使用すると、測定
位置とデータを簡単に地図上に表示できるだけでなく、測定地点に関連する様々
な情報までも一括管理することができます。

今回発売する土壌硬度計は、国内で初めてGPSレシーバーを内蔵した操作部1台で、
ハンディタイプの土壌硬度計(DIK-5556)貫入タイプの土壌硬度計(DIK-5531)
2タイプの土壌硬度計を使用できるようにしました [特許第4417422号]
今回発売する土壌硬度計の操作部は、GPSによる測定位置・日時情報と測定データ
を最大2200データ記録・保存することができ、パソコンへデータ転送することでデータ
の整理・解析が容易にできるようになりました。
また、同時に発売する新開発のGISソフトウエアは、データ毎に計測地点を地図上に
アイコン表示します。さらに、このソフトウエアでは計測地点の様々な情報を一元管理
できるように測定データ毎にリンクファイルを設定できるようにしました。
これにより、例えばHTML形式*3のファイルをひとつ作ってリンクすることで、測定地点
に関連する情報を文章・表・グラフ・画像・動画等と簡単に結びつけることができだけで
なく、ハイパーリンクを使用すればさらに多くの情報とリンクさせることが可能となります。


<主な特長>
1. 国内初、2タイプの土壌硬度計を1台のGPS内蔵操作部でデジタル測定
[特許第4417422号]
2. 専用GISソフトで測定データと地点情報の一元管理が可能
3. 最大2200件の測定データを記録・保存可能
4. 防滴・防塵構造で屋外測定に最適


<標準販売価格> 以下全て税別
1. GPS表示器 98,000円
2. GISソフトウエア 42,600円
3. ハンディタイプ硬度計本体のみ 40,000円(測定にはGPS表示器が必要です)
4. 貫入タイプ硬度計本体のみ 240,000円(測定にはGPS表示器が必要です)


<主な用途>
根圏域(根の成長の阻害要因)調査、土壌改良の評価、新規耕作地(生産基盤造成)の
評価、耕起深度の調査、肥沃度との関連調査、排水性調査、施肥管理設計の基礎資料
作成、保水性・透水性との関連調査、等


         トップページサイトマップリンク個人情報の取扱 いソフトウエア豆知識デモ貸出機器一覧製品番号改定履歴特注品についてアクセスマップ担 当営業地域

                                                                                このページ正しく表示するためにはIE5.5以上のバージョンが必要です。

             Copyright (C) 2000-2009 Daiki Rika Kogyo Co., Ltd. All rights reserved. Never reproduce or republication without written permission.